ユーザー車検代行 

| 未分類 |

新車から初回が3年、次から2年と車検があります。
車検の目的は納税と自賠責加入、法定定期点検が目的となります。
車検時に法定料金の支払いは義務となっていますが、なるべく車検費用が安いほうがよいと思うのは誰もが思うことです。
車検に出すとその見積もり内容には、基本車検料、テスター代、各種整備費用と法定料金以外に多くの費用が掛かります。
そこで、少しでも安く済ませたいという場合にユーザー車検を考える人も多いです。
ただ、自分で車検となると複雑な手続きや、万が一通らないとなると面倒です。
そこでユーザー車検代行などに頼むことがあるでしょう。
これは、車検においてお値打ち価格で行なう業者で、それ専門の業者やスタンドなどでもされることがあります。
基本車検料が安く、車検での節約が出来ますが、安さを売りにして、実車見積もりで後からあちこち修理箇所を増やす業者が多いようです。
結果、いつもの車検と変わらないことも多いです。
代行に依頼する場合は、無駄な修理を組み込んでいないかしっかりと見積もりを確認することが大切です。
そのためにも見積もりは必ず、比較して工賃や部品代が適正であるかということを確認しておくとよいでしょう。