ユーザー車検

| 未分類 |

車検は法律に基づいて、定期的に保安基準を満たしているか検査を受けて確認することで、車検を受けることは厳しく義務付けられており、無車検での運行は重い罪となります。この義務は自動車の使用者にあります。使用者つまりユーザーの義務であり、そのユーザーの権利で車検を受けることをユーザー車検と言います。つまり本来は車検はみんな使用者が自分で自動車検査場、つまり陸運支局の車検場ですが、に持ち込んで受けるのが原則です。しかし実際には整備なども必要であり、整備事業者の依頼することが普通になっているだけです。つまり制度的にはユーザーが自分で車検を受けるのが本来のありかたなので、案外簡単に車検もできます。また検査場も親切です。しかし、問題は車検ではありません。今、日本では車検と点検整備をセットでするような習慣になっているので、車検が出来れば整備も出来ているような感じですが、実際には車検だけでは点検としても最低限なもので、整備としては何もしていないのに等しいものです。車検と同時でなくても構いませんが、別に必要十分な点検整備も行う必要があります。その事を忘れてしまうと十分な安全性を確保できなくなりますので、気をつけましょう。