車検の種類について

| 未分類 |

自動車を所有した場合、定期的に道路運送車両法で定められている車検、すなわち車両検査に通らなければ、その車を乗ることができません。車両検査とは、道路運送車両の保安基準に適合しているかどうかを運輸支局が検査するもので、その際検査の他に、自賠責保険の加入や重量税の支払いが求められます。また不具合箇所が見つかれば整備することになります。

ところで、車両検査には大きく3種類に分けることができます。一つ目は新規検査です。これは新たに自動車を使用する前に受ける検査のことで、新車を購入する際には検査料を支払ってディーラーが行い、ユーザー自身が行うことはありません。また、いったん登録を抹消し、使用を中断する手続きを行っていた車を再び使用する際にも、この新規検査を受けることになります。二つ目は継続検査です。新車で購入すると最初は3年目、二回目以降は2年ごとに行います。これにより、車両検査証の有効期限が満了した後も継続してその車を使用することができるようになります。わたしたちが通常行っているのはこの継続検査のことを言います。三つ目は構造等変更検査と言って、通常わたしたちが経験することはあまりありません。これは自動車の長さや幅、高さ、最大積載量など、車両検査証に記載されている事項を変更する際に行います。このように車両検査には3種類あることを覚えておくとよいでしょう。