車外へはみ出したタイヤ

| 未分類 |

車外へはみ出したタイヤは保安基準にひっかかり車検に通りません。保安基準とはざっくりいうと、他人に迷惑をかけているかかけていないかということです。保安基準にひっかかる車が公道を走ると整備不良車として取締りの対象になり、6ヶ月以下の懲役又は30万円以下の懲罰が科せられます。車の純正部品はこの保安基準に適合しています。 なんであれ車外へはみ出すと通行人にあたるかもしれないし、細い道ではすれ違う車とあたるかもしれません。つまり危険です。 ホイールのインチアップ自体は合法ですがその場合フェンダーから1mmもはみ出だしてはいけないし、いっぱいハンドルを切ったときボディーなどに接触してはいけません。また外径が変わってスピードメーターが誤作動を起こす原因になるのであれば車検に通りません。車体やブレーキ機構などに不具合をおこす原因になると判断された場合も同様です。 ホイールの検査は厳しいのでホイールが車体の内側に入っていなかったり、ボディに干渉するようであればこれもダメです。 違法な改造を施した車を車検に通すと通した側が罰せられて商売が出来なくなるので、車検屋さんであろうとディーラーであろうと妙な車を持っていってお店の人を困らせるのはやめましょう。