ドレスアップなどを目的にサスペンションやスプリングなどを変更し車高を落としている自動車がありますが、最低地上高が9センチ未満になると車検に通らなくなってしまいます。
自動車の高さを低くする理由としてドレスアップの目的以外にも自動車の低重心化があります。
これにより自動車の高速安定性が増して運転が楽になります。
また、ホイールのインチアップに合わせて自動車の高さを調整する人もいます。
これは、ホイールの経が大きくなると、自動車とタイヤとの隙間に違和感が発生するためで、自動車の高さを下げることでその違和感を解消させることができます。
一方で、自動車の高さを下げることによって車検に通らなくなる場合があること以外にも、乗り心地の悪化があります。
これはスプリングを短いものに交換するためショックを吸収しきれずに、地面の凹凸をそのまま座席に伝えてしまうことによっておこります。
これを改善するためにはサスペンションごと交換する必要がありますが、料金も高くなり、お手軽なドレスアップにはなりません。
このように、自動車の高さを調整することによりドレスアップが可能ですが、車検に通らなくなる可能性があるため自動車の高さを変える場合には注意するようにしましょう。
椅子01